静スソ備忘録

日々の発見・外出先での情報に重きを置きます。

#287 県東部・伊豆の長距離路線 国道414号[伊豆の国市区間]

皆様こんばんは。今日2回目は、静岡県は伊豆の観光地へ行く際に必ず通るに違いない、国道414号をご紹介します。その2は伊豆の国市区間です。市ごとの写真が多いので、全部で3編(沼津市伊豆の国市伊豆市)での紹介です。
なお沼津市区間は、下記のURLにてご参照下さい。(車載動画も下記URLよりリンク)

イメージ 1
【地元国道の顔合わせ】@伊豆の国市 長岡北IC交差点
伊豆の国市に入ると、国道414号は初めて国道136号(伊豆中央道)と交差し、しばらくは離れるものの、その後は隣の伊豆市まで重複区間となります。ちなみに両国道(共に現道)は静岡県の東部・伊豆で完結しています。
局地的な慢性渋滞が起こり、特に週末の夕方は周辺の県道・道路にまで飛び火してしまいます。

イメージ 2
【温泉街道】@伊豆の国市 長岡(ホテルサンバレー前)
道路沿いには、温泉・宿泊施設があります。何せ、伊豆長岡修善寺エリアは、屈指の温泉天国で、温泉まんじゅうはもとより、足湯付きの公園で有名です。
ところで、ホテルサンバレーは、温泉も然る事ながら、朝食のバイキングの良さで有名で、テレビのCMでも取り上げられるほどです。ただ、行った事はなく、テレビで見聞きした情報に基づいているので、実際にそうかは分かりませんが・・・

イメージ 3
【地元の道路】@伊豆の国市 長岡IC東交差点
国道414号線は、観光・ドライブで用いられる道路かと思いきや、地元完結で使用する車両が多い道路です。
沼津と比べ、交通量はさほど多くなく、通過交通では伊豆中央道、地元のみでは県道等にシフトする事が多いようです。
ちなみに左右の道路は、県道130号(伊豆長岡三津線)で、こちらから三津シーパラダイス・あわしまマリンパーク等の観光スポットへ出る事が出来ます。また、直進すぐで、伊豆の国パノラマパークに入る事も出来ます。

イメージ 4
【久しぶりの右左折】@伊豆の国市小坂の交差点
伊豆の国市突入後はしばらく道なりでしたが、この交差点を修善寺方面へ左折する事となります。左折後は、国道136号重複区間まで道なりです。特段珍しい事ではありませんが、土地の関係上そうせざるを得ない場合もあるので、致し方ない事でしょうかと。
以前当ブログで紹介したパノラマパークの空中公園(徒歩利用の場合)は、同じように信号を左折し、すぐの脇道へ入っていきます。

イメージ 5

イメージ 6
狩野川越え】@伊豆の国市 大門橋西交差点~大門橋通過後
国道414号は、狩野川を流れる大門橋を渡り、修善寺方面へ南下していく事となります。この橋を境にしばらくは狩野川に沿って進んでいきます。大門橋通過後は急カーブとなるので、注意が必要です。
上の写真で左右の道路は、県道129号(韮山伊豆長岡修善寺線)で、路線名に3つの街が入るのは、県道76号(富士富士宮由比線)と同じです。

イメージ 7
【並走区間】@伊豆の国市 白山堂
この数100メートルは、狩野川に沿って、国道414号と伊豆中央道(大仁[おおひと]南IC以降は修善寺道路)が並走する区間です。大仁中央IC(道の駅前)を過ぎ本国道は、同136号との重複区間となる為、少しの間狩野川からそれますが、大仁南IC以降は、狩野川に沿って進む事となります。

イメージ 8

イメージ 9
【重複区間開始】@伊豆の国市 三福IC交差点
三福ICでは、県道19号(宇佐美大仁道路)と接続していて、国道414号は同ICで流出となり、それと同時に国道136号と重複します。国道(逆おにぎりの標識×2)重複区間伊豆の国市三福から伊豆市下船原の出口交差点までとなります。この区間は、街並みより、国道136号が主体で、本国道は補助的存在です。
約1.6km先の伊豆中央道 大仁南ICを境に、国道414号は伊豆市へと入ります。