静スソ備忘録

日々の発見・外出先での情報に重きを置きます。

#316 反射炉手前にある公園

皆様こんばんは。今日6月6日は恐怖の日(「嵐にしやがれ」にて紹介)で、最近の天気は(雨が)いつ降ってもおかしくないような状況で、不吉な予感がしてなりません。
今回はその(恐怖の)逆という事で、韮山反射炉の近くで、明るい環境下にある、反射炉自然公園(静岡県伊豆の国市)についてを見てまいります。

イメージ 1
【自然を存分に満喫】
国道136号線・県道132号線(韮山反射炉線)等より、韮山反射炉へ向かう途中の脇に、反射炉自然公園があります。その名の通り、森にほど近い事から、周辺には川・ビオトープが存在しているので、こちらに生息している生物を生で見る事ができます。
公園というと、子供が多いイメージがありますが、実際は大人も楽しめるような要素も含まれています。自然観察という意味で、大人(親世代)も気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
ちなみに公園前に駐車場はないので、反射炉前の駐車場に停め、歩いていくしかありません。

イメージ 2
【水遊び場と思いきや】
公園内にある、ジャブジャブ水路ですが、肝心の水がありませんでした。
本来は水が溜まっているのですが、雨が降らない日が多いのか、カラカラの状態となっています。このような状態がずっと続いているかといえば、決してそうではありません。
短い周期で天気が変化し、雨が良く降る時、ため池のような光景に戻る事があるはずです。

イメージ 3
【広い割に小さい】
芝生(しばふ)広場の上に、コンパクトサイズの東屋(あずまや)があります。(←休憩所です)
意外にもゆったりとした公園ではありますが、東屋がかなり狭く、4人が雨宿りするにはやっとなほどです。本来は小さくても10人は座っての雨しのぎが可能ですが、写真のようでは満足してしのぐには程遠そうです。反対に、晴れた時は芝生の上で座っても大丈夫なので、公園を訪れる時は、その時がお勧めです。